痛くない方法

失った歯を取り戻すためには歯科医院でインプラント治療を行うのが有効的です。
インプラント治療はアゴの骨に人工歯を埋めていくので痛みが発生してしまうことがあります。
そのため安心安全に治療を行うため、歯科医院では治療前に部分麻酔をして痛みを感じない無痛治療を行います。
麻酔法には色々なものがありますが、代表的なものは局所麻酔薬を使うものと、静脈内鎮静法、笑気ガスです。
局所麻酔薬は歯科医が麻酔をするときにはよく使われているもので、インプラント治療に限らず虫歯治療でも行われている方法です。
局所麻酔薬では注射をするときに少し痛みを感じてしまいます。
ですが一度注射を行えば治療中は全く痛みを感じることなく治療を行うことができます。
その痛みも耐えられないというときには静脈内鎮静法と笑気ガスによる麻酔法が使われます。
静脈内鎮静法は駐車ではなく、腕に点滴をしていくことで少しずつ麻酔の効果を期待することができます。
注射に比べて痛みを感じることもないので、痛みが苦手な人にとって有効的な方法です。

また笑気ガスでは局所麻酔薬や静脈内鎮静法とは違って特殊なガスを吸うことによって麻酔効果を発揮します。
少し酔ったような感じになるので、そうすることによりインプラント治療による痛みを感じることもないのです。
インプラント治療をするときには麻酔方法を選ぶことができるので、まずは専門医と相談をして麻酔方法について決めることが大切です。