治療の流れ

失った歯を再生させたいならインプラント治療を行うことによって自然に近い歯を取り戻すことができます。
歯は日常生活をする上で大切なもので、歯がかけたら食べ物を飲み込むことや人と上手く話すことができなくなります。
生まれたときから亡くなるまで一生使っていくことになるので、歯の健康を守ることは快適な日常生活を送るために必要なことなのです。
インプラント治療では約半年から一年をかけて少しずつ治療を始めていきます。
人によっては早く歯を取り戻したいという方もいますが、そんな方のために歯科医院では短期コースでの治療も行うことも可能です。
インプラント治療は昔から行われている手術法であり、現在は医学の進歩とともに様々な方法の治療法が行われています。
まず治療をする前には専門医とカウンセリングをした後に歯の精密検査を行っていきます。
歯を詳しく検査をすることで他の病気の発見や骨格の状態、口の環境などを調べることができるのです。
それぞれの検査をクリアしていれば次は一次手術をしていきます。

インプラント治療では基本的に一次手術と二次手術に分けて行っていきます。
一次手術ではアゴの骨を削って人工歯根を埋め込んで定着させます。
約半年で定着をすることができるので、その後は二次手術でインプラントの頭を出して人工歯の装着準備を行います。
歯はとてもデリケートなので、手術の度に定着期間を設けなければなりません。
定着しないまま人工歯を装着してしまうと歯のトラブルになる危険があるので注意が必要です。