失った歯

人間は成長するとともに乳歯から永久歯に変わりますが、永久歯になるとそれが抜けたら二度と生えてくることはありません。
そのため永久歯に生え変わったら一本一本の歯を大事にしていく必要があります。
毎日丁寧な歯磨きをしていれば大抵の歯の病気を防ぐことができますが、突然歯の病気になってしまうことがあります。
それを放置していると状態が悪化してしまい、最悪治療をすることができずに抜歯になります。
抜歯をするとその部分が目立ってしまうため、そのときは歯科でインプラント治療をすることによって抜けた歯の問題を解決することができます。
インプラント治療ではアゴの骨に人工の歯を埋めていく方法で、アゴの骨に固定することでグラグラすることもなく定着させることができます。
手術方法はいくつか方法がありますが、まずはインプラント治療をする前に専門医とカウンセリングをする必要があります。
少なからず歯には負担をかけてしまうことになるので、専門医によってその人の歯の状態を見ていきます。
慎重にカウンセリングを行っていき、その人に合った治療法を提案していきますが、その内容に納得すれば治療を開始することができます。

インプラント治療では真っ白な歯を作成するのではなく、その人の歯の色に合わせて人工歯を作っていきます。
自然な色に再現することで、一部分に人工歯を取り付けたとしても自然な歯並びにすることができるのです。
歯科医院のホームページでは今までの実績も多く紹介しているので、訪れる前には手術の写真などを参考にすることでどのような治療ができるのか理解することができます。